さらひと☆メンタルノート

父親として、サラリーマンとして、一人の人間として日々生きている中で、心を癒してくれたり、元気づけてくれたりした言葉や本などについて書いています。

『いい言葉は、いい人生を作る』斎藤茂太

本の題名です。

副題は、「いつも私は「言葉の力」を味方にしてきた」となっています。言葉の力というものは、自分の心身が疲れている時、特に心が疲弊しているときに実感します。言葉によって傷つけられたりする事もあれば、勇気づけられたり、なぐさめられたり、いやされたり。
私もいい言葉にたくさん出会って、いい人生を作りたいと思います。

 

斎藤茂太さん

斎藤 茂太(さいとう しげた、1916年3月21日 - 2006年11月20日)は、日本の精神科医、随筆家である。愛称はモタさん。歌人精神科医斎藤茂吉の長男。

斎藤茂太 - Wikipedia

いい言葉は、いい人生をつくる (成美文庫)

いい言葉は、いい人生をつくる (成美文庫)