さらひと☆言の葉ライフ

父親として、サラリーマンとして、一人の人間として日々生きている中で、心を癒してくれたり、元気づけてくれたりした言葉や本などについて書いています。

日刊言の葉ライフ☆2017年9月12日(火)の心に響く言葉たち

ツイート

  • 格言集 @the_kakugen
    誰かを愛することは、その人に幸福になってもらいたいと願うことである。 by T・アクイナス
    06:49

  • 安定のための心理学bot @taizo_kato123
    私たちは、どんなことも自分が決めて行動している。 例えば、自分がこうしようと思うこと、その思いに従って行動すること、また相手が「こうしてくれるはずだ」と期待すること、相手を「こうするべきだ」と観念やルールで縛ることも自らが取っている行動の一つである。
    06:50

  • お坊さんQ&A -hasunoha @hasu_no_ha
    --お坊さんのことば-- 子育ては、いつも笑顔でなくていい 時には怒りの表情を見せることも必要です。 でも、心まで怒りで満たさないようにして下さい。 https://hasunoha.jp/pickups/4 https://twitter.com/hasu_no_ha/status/545077760964579328/photo/1
    06:51

  • 日本の名言bot @nihon_meigen
    ダイヤモンドの行商人がやってきて、このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど、せいぜい百年しか生きられん人間に、永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ。俺らが欲しいのは今だけです。 甲本ヒロト
    06:54

  • nmz @nmzzzz
    床屋が発するには強すぎるメッセージ https://twitter.com/nmzzzz/status/906453216392503296/photo/1
    06:58

  • 日本の名言bot @nihon_meigen
    愛しているものがあったら自由にしてあげなさい。もし帰ってくればあなたのもの。帰ってこなければ、はじめからあなたのものではなかったのです。 斉須政雄
    12:41

  • ティクナットハン・マインドフルネスの言葉 @thich17485155
    私たちはすでになりたがっているものになっているのです。
    12:42

  • 安定のための心理学bot @taizo_kato123
    「怒り」は本当はその下にある、私たちが感じたくない辛い感情、例えば「寂しさ」「悲しみ」 「孤独感」「無力感」「絶望」などを抑えつけるための蓋の役割をしている。
    12:42

  • いまをどう生きる @imaodoikiru
    私たちは、まず自己を肯定するところから出発したほうがいいようです。自己を肯定し、自己を認めてやり、自己をはげまし、よろこばせること。それが必要ではないか。五木寛之
    20:47

  • いまをどう生きる @imaodoikiru
    年を取ったら孤独になることを覚悟しておいてください。人間は生まれたときから孤独なんです。孤独だから相手を欲しがる、付き合う人を欲しがる、友達を欲しがる、夫(または妻)を欲しがる。孤独だから肌で温め合いたい、心と心で温め合いたいんです。瀬戸内寂聴
    20:47

  • いまをどう生きる @imaodoikiru
    私たちにとって大切なのは、どんな立派な仕事をするかということではありません。どんな仕事であってもいいのです。そこに愛を込め、祈りを込め、やさしさを込めたかどうかが大切なのだと気づかされました。渡辺和子
    20:48

  • いまをどう生きる @imaodoikiru
    現代のように、世間が病んでいる時代に、毎日なんの不快感も覚えずに快適に仕事ができるほうが、むしろ病んでいる、と思うことがあります。五木寛之
    23:21

  • いまをどう生きる @imaodoikiru
    人には必ず生きている意味があります。 今は、自分の価値に気がついていなくても、 もし、明日が人生の最後の一日だと思えば、 果たすべき役割が見えてきます。 そして、あなたが後世に残していきたい 本当に大切なものが浮かんでくるでしょう。 小澤竹俊
    23:27

  • いまをどう生きる @imaodoikiru
    美しい生命とか、汚い生命とか、 老いた生命とか、若い生命とか、 そういう区別はないはずなんですけどね。 永六輔
    23:28

ツイート お気に入り フォロー フォロワー
326(+16) 396(+26) 43(+3) 10(+1)

delivered by Twieve