さらひと☆言の葉ライフ

父親として、サラリーマンとして、一人の人間として日々生きている中で、心を癒してくれたり、元気づけてくれたりした言葉や本などについて書いています。

日刊言の葉ライフ☆2017年9月6日(水)の心に響く言葉たち

ツイート

  • アーチャン・チャー無常の教え @AjahnChahBot
    私たちの心が平安なのは、幸福も、苦しみも存在しないときです。そして、幸福と苦しみが存在するとき、止むことのない変化を意味する、有と生が存在するのです。
    06:45

  • 加藤諦三bot @心理学 @katotaizobot
    人を愛することは自分を愛すること。自分を愛することは自分にも欠点があることを知ること。
    06:45

  • アーチャン・チャー手放す生き方 @AchaanChahBot
    気づきがあることによって、私たちの心に生じるすべての欲、好悪、快楽と苦楽を観察することができます。そして、すべてのものが無常・苦・無我なものであると理解することによって、私たちはそれらを手放すことができるようになります。
    06:46

  • 世界の名言bot @sekai_kotoba
    はるかに美しいのだ!人生の打撃にくじけて、地に寝そべる人よりも、あきらめずに人生に立ち向かっている人のほうが! ホセ・マルティ
    16:25

  • ティクナットハン・マインドフルネスの言葉 @thich17485155
    あなたが腹を立てている時、自らの怒りの世話をせずに怒りから逃げているようであれば、たとえどんなにむずかしい仏教書を解読していようが、あなたは真の仏教徒とは言えません。 政治問題も社会問題もすべてあなた自身からはじまります。
    16:25

  • 日本の名言bot @nihon_meigen
    もう、やめませんか。ひとを明るい、暗いで判断するのは。人間、どんなひとだって、暗さと明るさの両面を持っています。それに、ずっと明るいだけ、ずっと暗いだけというひとはいません。 さだまさし
    16:26

  • 加藤諦三bot @心理学 @katotaizobot
    自己主張というのは我を張ることではない。自分のことを説明するのが自己主張。言うべきことを言うのが自己主張。
    16:26

  • 加藤諦三bot @心理学 @katotaizobot
    困っている時に相手を助けない人ほど、相手が献身的に自分を助けることを欲求する。そしてその要求実現のために「立派な愛」を唱える。そしてそれをしないと、相手が罪の意識に苦しめられるような発言をする。これらの「愛の演説」はすべて「脅し」なのである。
    16:26

  • 世界の名言bot @sekai_kotoba
    どんな人にあっても、まずその人のなかにある、美しいものを見るようにしています。この人のなかで、いちばん素晴らしいものはなんだろう?そこから始めようとしております。そうしますと、かならず美しいところが見つかって、それが愛することのはじまりとなります。 マザー・テレサ
    16:27

  • ティクナットハン・マインドフルネスの言葉 @thich17485155
    私たちはすでになりたがっているものになっているのです。
    16:27

  • 日本の名言bot @nihon_meigen
    ひどく傷ついているのに、無理して隠そうとする。涙を流さなくちゃ、始まらないことだってあるんだよ。 石田衣良
    16:27

  • ティクナットハン・マインドフルネスの言葉 @thich17485155
    相手を敵(=嫌な人/苦手な人)と思っていても、本当に思いやりをもってその人の話に耳を傾けると、自然と敵が良い友に変容します。 その人が話している間は絶対邪魔せずにただ黙って聴く。そうするだけで人間関係は良い方に変わって行きます。
    16:27

  • プラユキ・ナラテボー(公式) @phrayuki
    週末9/10日は関西で瞑想会。事前に届いた質問のひとつ。 Q.「感情の麻痺感が苦しい。『好き』をうまく見つけることができない。どうしたら『好き』を取り戻せるか?」 A.「感じる」よりも「どう思われるか」に過度にウエイトを置いて生きてきた結果。あるがままに気づく瞑想で取り戻せます!
    16:28

  • 世界の名言bot @sekai_kotoba
    一つだけ忘れないでほしい。あなた方はみんな、自分で思っているよりも、ずっとすばらしいということを。 パウロ・コエーリョ
    16:28

ツイート お気に入り フォロー フォロワー
266(+14) 314(+14) 39(0) 9(0)

delivered by Twieve